痛風発作は休み前後にやってくる!

痛風の症状

痛風発作は休み前、休み中に起こることが多いです。

理由がわからないのですが、いくつか考えられます。

  • 休み前の仕事の追い込み
  • 休みの気の抜け
  • 休みの食べ過ぎ
  • エアコンなどの環境

これらの状態が変わるので、どれが原因かは特定できないのですが、長期休暇の前は要注意です。

痛風初期症状発生か?

休みが土日を過ぎ月曜日になにやら足の親指が痛いようです。

まさか?!と思いましたが、火曜日には治まっている感じです。

痛みの状態は小さい捻挫のような痛みがあり、ひねったかな?親指を強くマッサージしすぎたかな?など思いました。

痛風ではない!そう思いたい。

しばらく痛みがあり、治まることもありませんでしたので、そのまま買い物に行くことにしました。

激痛にならないことを祈りながら。

休日の食事は多め

休日の食事は多めに食べています。

平日は、量を減らすために工夫をしています。

間食はしないし、昼は少しだけ。

仕事があるので食べるのを抑えられるのがありがたいです。

今日のランチは、中華屋さんで酢豚を食べました。中華は油が多いですからカロリー的には高いものですが、あまり気にしていません。

外食には良くないと言われるものも多く入っているでしょうが、食べ過ぎなければ痛風になることもないでしょう。

結果

痛風初期症状的な痛みも消えていきました。

一日中、買い物で歩いていたこともあったと思います。

動かないと、かえって気分転換できませんから、できるだけ動く方がいいと考えています。

ただ、食べ過ぎについては注意した方がいいと思います。

お酒より食べ過ぎの方が体に負担になっているように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました