足指周りが固くなるのは痛風の前兆

未病を治す

痛風になった方は食事、運動には気を付けていると思いますが、痛い痛風も時間が経つと忘れてしまいます。

日常から痛風にならない行動について生活習慣を変えてみてください。

ご参考まで、わたしの日常で変えたものを紹介しておきます。

足を洗う時にしっかりマッサージする

いつもお風呂やシャワーで洗います。

このときにしっかりと、いつも腫れる患部をゴリゴリと強く洗ったり、親指を広げたり押したり引いたりしてストレッチします。もちろん座りながらなど時間のあるときは、やった方がいいです。

とくに固くなってるなと感じるとき、曲げて痛みがあるときには、しっかりとストレッチします。10回程度やっておいた方が親指が固くならなくてよいでしょう。

親指を握った状態、上げた状態と繰り返し曲げます。

自転車通勤で運動する

最近は、片道7キロほど走っています。1年以上続けていますので、痛風発作になっても比較的痛みが弱く、激痛期間も短くなりました。

仕事などで動かない時間が多いので、動く時間は必要と思います。

日常で毎日のように運動出来ることを考えないといけないと思い、自転車通勤しかないと考えました。

昔は、一駅歩くとかやってましたが飽きるので、できることをするのが良いでしょう。

ウォーキング

雨の日は自転車通勤は危険なので近くの駅まで歩くようにしています。

片道3キロありますから雨の日はよくずぶ濡れになることも多いです。

でも、たまに歩くと足が固くなってるな、靴が合わないななど考えながら歩くこともできるため歩くのは重要なのではないかと感じるようになりました。

できるだけ親指が曲がるようにしたり足指に力を入れたりなど歩くのにも工夫しながら足の状態を確認しながら歩いています。

足を大切にするには、足を感じることが重要です。

食事

食事は、おいしいものが食べたいなどとは思っていません。

平日は、できるだけ食べないようにしています。暇があると何かおいしいもの食べたいなと考えてしまうので、考えないようにしています。

おなかが減ったと感じたら、気のせいだと思うようにしています。不思議と数秒で空腹感は消えます。結局は、勝手にイメージするからおなかが減ったと勘違いしているのではないかと思われます。

この方法で、かなり痩せることができました。体重5キロ減は楽勝です。

一日一食にすれば、一食を沢山食べたとしてもたかが知れてます。

運動と、食べる量を減らせればメタボになることはありませんから、一日一食を試してみてはいかがでしょうか。

プチダイエットは一日二食で、一食を軽くにするものですが、それより効果が出ています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました