痛風の痛みと治し方にはこんな方法があった!

痛風治療

痛風は痛みが強烈です。

歩くことのできる方もいるかもしれませんが、最も痛い痛風発作が来た場合は、それどころではありません。

このような場合は、座っていても寝ていても激痛で、下に足を移動すると血流が下がるから、それだけで痛みが増します。さらに、足が腫れ上がって赤黒く腫れます。

さて、そんな痛風なのですが痛みの治し方があるか?と考える方も多いかと思います。

でも、そんな方法があればいいですが、

今のところは・・・

ありません。

痛風の痛みは耐えるしかないので、寝ているのが一番です。

「少しでも痛みが取り去ることができれば」と考える方は、消炎鎮痛剤であるザイロリックで抑える。

冷水で冷やして一時的に抑えることくらいです。

 

痛風の痛み

激痛ですが個人差や発作の度合いで痛み料が違うようです。

痛みを取り去る方法は、今の所見つかっていません。

一番、効くのは痛み止めです。

副作用があるので、おすすめできません。

痛風の治し方

原因がわからないのに痛風が治せるはずありません。

尿酸値が高いと痛風になると病院では言うけれど、

じゃぁなんで、わたしは今、

痛風発作にならないか説明して欲しいものです。

特に尿酸値を下げる薬も飲んでませんから、

尿酸値は高いままのはずです。

痛風治療でなにかしているか?

今の所、あたらしく始めたことはありません。

自転車通勤を継続しているくらいです。

痛風の食事で気にしているものは?

あまりありません。食べ過ぎ注意くらいです。

食べ過ぎれば、食品に入っているものも多く摂取することになりますから、万病に良くはないでしょう。

日常の食事としては、朝なし(休日のみ)、昼白米と梅干し(休日のみ)、夜自由・酒ありです。

食べることを気にするのではなく、食べないことを考えた方が簡単です。

痛風の原因とはなにか?

痛風の原因は、尿酸値が高い、プリン体の多いものを食べたからと言われています。

わたしの意見では、肝臓や腎臓など内蔵の具合が良くないために引き起こされていると考えています。

なので一番はストレスなのかなと感じています。

痛風は、休日になる前によく起こります。

休日前は仕事が忙しいためストレスも多くなります。

休日になったら休んでいるという、いわゆるサラリーマン的な状態です。

痛風の症状を教えてください

わたしの例ですが多くの方は似た症状のようです。

  • 足の親指を中心に足の甲までむくみが広がります
  • 痛みがあるところを中心として、むくんだ部分が赤く腫れます
  • 痛みは、ちょっとで終わる場合もあるし、大激痛になる場合まで様々です。
  • 痛みのスタートは足の親指を捻挫したかな?という痛みから始まります。
  • 痛みが最大になるまで時間のかかることもあります。1日、2日、数日と時間のかかることがあります。

痛風の初期症状

痛風の初期症状は、案外気が付きません。

親指が少し痛いかな?と感じてからジリジリ痛みが増してきて半日程度で最大化することが多いです。

ただ、もっと時間のかかることもあります。

前回は、2日かかって痛みが最大化しました。

親指の捻挫的痛みがある。で終わってしまう場合もあります。

親指の捻挫的痛みがある。

やっぱりちょっと痛いかな。

やっぱり痛いな。

と少しづつ痛みが増してくるわけです。

痛風経験者は、このときにヤバイかも?!と冷や汗モノです。

痛風の薬

できれば飲まない方がいいでしょう。

田七人参くらいで終わらせておけば副作用も気になりません。

痛風が腫れたときの治し方

腫れたら消炎鎮痛剤、しっぷなどをする人が多いでしょう。

でも、そんな方法では早く治りません。

痛みが引いたら、気持ちいい程度のマッサージします。

足の親指も固くなり曲がらなくなっていますから、これも曲げられるようにします。

足の親指が曲がらないと歩けませんから、これは大切なストレッチです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました