健康のためより仕事のこと ストレスが痛風の原因

病気になる方法

なかなか自分の時間が思うようにならない。
そんな方が多いと思います。

自分より会社の方が優先されますからね。
お金を稼ぐためとはいえ、自由にできないのは困ったことです。

できるだけ自分の時間が欲しいところですが、サラリーマンは難しいですね。
自営業も大変だからお客さんに縛られる。

ストレスが多い世の中ですから体調管理には注意してください。

仕事が痛風になる

仕事が原因で痛風になるということは十分考えられます。

ストレスで緊張しているからトイレを我慢していると行かなくて大丈夫になります。

それが続くと、便秘と下痢を繰り返します。

このように、仕事での日常生活が原因で病気を引き起こしている方が多いでしょう。仕事で座りっぱなしで痔になるというのは、よくある話しです。

食事がかたより食べ過ぎもあり、高血圧や糖尿と診断される方も多いです。外食で多く食べてしまいメタボリックシンドロームと診断された方もいます。

仕事をしていると緊張感から食事も沢山食べたり、食べなかったり、トイレに行けなかったりなどが考えられます。

これらの仕事と環境が病気・痛風の原因です。

そして長い間続けていると体も破壊されて治らなくなります。

病気は、病気になった時と同じくらい治るまで時間がかかると言われるのもそのためです。

でも一度破壊されると治らないことが多いので予防しなければいけないということです。

うつ病は労災です

企業は大変です。うつ病は労災申請が通ります。

仕事が原因ではなくても雇用している社員がうつ病になれば労災となってしまいます。

会社側としては厳しい時代になったと言えますね。

仕事が原因となる理由

仕事は病気の原因となりやすい。その理由を考えてみます。

  • 電車通勤は最もストレス性のあるものです。
  • 仕事は上司、部下を選べる人間関係のストレスが最も大きい
  • 大企業は仕事をしてなくても作業の多い人、遊んでいる人の差が出る。
  • 上司は、仕事内容を知らないので優劣の判断ができない。

まぁ、まだまだあるのでしょうが、ストレスの原因というのは沢山あるのは確かです。

中でも電車通勤は非常にストレスの大きなものです。

先日は、通勤帰宅時に若い方にカバンで殴られ、しばらく動けず立ち尽くしていました。

通勤時には痴漢だけでなく暴力的な方も多いので注意が必要です。

サラリーマンは拘束されているので自由がきかないくて辛いことも多いですが仕事してない人は楽な仕事でもあるかもしれません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました